Wave

​スリーエイブル教育スタイル研究所

集団の中で誰もが輝く「3できメソッド」

分かってできる 自分でできる 選んでできる

最新記事一覧

「3できメソッド」
分かってできる
自分でできる
選んでできる

10数年にわたり,巡回相談員として,保育園や通常の学級での特別支援教育を追求してきました。その結果,たどり着いた結論は,これら「3つのできる」が揃っている集団では,その場にいる一人一人の子どもが,生き生きと学び始めるということ。以来,保育園や学校の先生方の協力を得ながら実践を重ねています。       

 本ホームページを通して,一人でも多くの保育者,教育者の方に「3できメソッド」が届き,一人でも多くの子どもの学びを支援できることを願っています。     

スリーエイブル教育スタイル研究所 所長 松本くみ子

コンサルティングサービス

3種類のコンサルテーションをご用意しています。

就学前機関での
コンサルテーション

3できメソッド」をベースとし,子どもたちの就学後のQOLの向上を見据え,子どもたちの主体性を引き出すとともに,問題解決力を育むための作戦会議を行います。  


学校でのコンサルテーション

「3できメソッド」をベースとしたコンサルテーションに加えて「子どもの主体性を引き出すシート」や「深い学びを生み出すシート」を活用した校内研究や授業改善への助言も実施しています。

校園内支援体制充実に向けた
特別支援教育コーディネーター支援

校園内支援体制の充実とコーディネーターの活躍は,どちらが欠けてもうまくいきません。そこで,コーディネーターの役割を明確にしつつ組織化を促す「校園内支援体制R-PDCA促進シート」を用いたコンサルテーションを実施しています。

スリーエイブル教育スタイル研究所
所長プロフィール

スリーエイブル教育スタイル研究所 所長  松本くみ子

企業での勤務経験を経て,心理学の道へ。現在は,大学の非常勤講師として教壇に立つ傍ら,保・小・中・高・特別支援学校・学童保育で主に,巡回相談を行う。

校内研修や道徳地区公開講座講演会の講師依頼多数。主なテーマは特別支援教育,教育相談,主体的なコミュニケーション,主体的・対話的で深い学び,子育てなど

(公認心理師・学校心理士・ガイダンスカウンセラー)

​著 書/翻訳書

「小1プロブレムの予防に向けた幼児期の支援」発達障害白書2016年版

「外部専門家からみた教育支援の現状と課題」発達障害白書2017年版

・「子どもの自殺と発達障害―子どもの自殺者数,過去最悪」発達障害白書2022年版

『星と波描画テストの発展―理論・研究・実践:アクロス・ザ・ライフスパン』ヤローン著(分担訳)