気持ちを聞いても教えてもらえない時は


これまでに何度か頂いた質問をご紹介します。

普段からなかなか意見が言えない子に,おにぎり顔で気持ちを聞いてみようと思ったのですが,うまくいきません。
他の子たちは,おにぎり顔を使って積極的に気持ちを伝えてくれるのですが,それを楽しそうにみているだけで,自分の気持ちを伝えようとはしません。

子どもたちの反応は,こちらの思い通りにはいきません。


うまくいかないときは,まず,その子の実態を考えます。

自分の気持ちや考えを言えない・・・というときには,主な理由として

【うまく表現ができない】場合と【表現することに抵抗がある】場合が考えられます。


自分の気持ちを【うまく表現できない】場合

【うまく表現できない】場合は,おにぎり顔を使うことで,気持ちやエピソードなど,色々なことを伝えられるようになります。(エピソードが伝えられるようになる話はまた別の記事でご紹介します)


どんな言葉を使えば良いのか漠然としていたのが,おにぎり顔という選択肢が与えられることで,表現しやすくなるのだと考えられます。


ただし,1点だけ注意が必要で,おにぎり顔は全部で41個あります。一度に全部を見せると,子どもによっては,情報が多すぎることがあります。その場合は,2択にしたり,数個だけ提示してそこから選ばせたりといった工夫が必要です。


【表現することに抵抗がある】場合

子どもたちは,それまでの生活の中で,いろいろなことを学習しています。

それは,時には大人が望まない内容であることもあります。


たとえば,いつも自分の意見は採用されないという体験を,子どもたちがいつの間にか(大人はそんなつもりではないのに)していることがあります。


ある親子のショッピング中のエピソードです。

お父さんから,好きな物を1つ買ってあげると言われた小学生の女の子。

一生懸命選び,「これがほしい!」と,かわいいポーチに決めました。

すると,お父さんは,

「そんなのはたくさん持ってるんだから,もっと必要な物を買いなさい」と答えました。

結局,彼女は買う物を見つけることができず,お父さんが選んだ物を買って帰りました。

お父さんは,「この子は欲しいものを選ぶこともできない」とがっかりされていました。


このケースのようなすれ違いは,いつでも誰にでも起こり得ます。

積み重なれば,子どもたちは,意見を言う必要がなくなります。


逆に,まだ小さいうちから子どもの意見を尊重しすぎるケースもあります。

判断基準を教えずに,

「自分で考えなさい」「自分で決めなさい」と決定権だけを与えてしまう。

この場合も,どうして良いか分からなくなり,自信が持てなくなることがあります。


【表現することに抵抗がある】状態に至るまでに,

このように様々な体験をしてきている可能性があります。


他にも,今所属している集団の居心地が悪いとか,

積極的な子が多すぎて,気づいたら遠慮してしまっているなど

いろいろな原因が考えられます。


本人が自分もおにぎり顔を選びたい!選んで伝えたい!と思うように成るのを待つしかありません。

誰もが当たり前のようにおにぎり顔を選ぶ環境を 作ったり,

大人側から,子どもたちが言われてうれしい気持ちを,おにぎり顔を使って示すようにしたり,,,

思わず,おにぎり顔を選んでしまう雰囲気になるまで,環境作りをする必要があるかもしれません。