教材「おにぎり顔マグネット」

最終更新: 2019年3月16日


おにぎり顔のマグネットを,zazzleストアでお求め頂けるようになりました。

41個のおにぎり顔を,それぞれ8色ご用意しています。

同時に複数名の気持ちを提示したいときには,複数色あると便利です。


たとえば、 お友達と言い合いになって、どうしても謝りたくない子

相手が怒っていることに気づいていない子

怒られていないのに、怒られたと勘違いしている子


子どもたちは、様々な場面で、自分の気持ちにとらわれてしまいます。


そんな時は、自分色のおにぎり顔マグネットと相手色のおにぎり顔マグネットの2色を用意します。


まず、自分の気持ちにぴったりなおにぎり顔マグネットを選ばせます。(気持ちを受け止めてあげましょう)

次に、相手の気持ちを考えさせ、相手のおにぎり顔マグネットを選ばせます。(難しければ、こちらから提示します)


相手の気持ちを視覚的に知ることで、不思議と子ども達の心は動きます。

自分の間違いを素直に受け止め、行動を変えることができます。


是非、お試しください。





#子どもに友達の気持ちをわかってほしい

#気持ちをコントロールできるようになってほしい

#Zazzleでネットショッピング

#Zazzle他では買えないグッズ

最新記事

すべて表示

イライラしたり,おこりっぽい子への「おにぎり顔」を使った支援

イライラしやすい子や、怒って爆発してしまう子への指導では、 怒りの感情を温度計や五段階で表す課題を行うのが、一般的かと思います。 あくとえいとでは、そんな時も、おにぎり顔を使います。 温度計や五段階と違うところは、子どもたちが自分で感情の強度を決めるところです。 集団で行う方法と個別に行う方法をご紹介します。 集団で行う場合 いい状態の時の顔〜一番怒った時の顔まで、5種類の顔を選びます。難しければ

おにぎりトーク

先週から,中学校での校内研修をハシゴしています。 テーマは,「主体的・対話的で深い学びを実現するための学級作り」。 その中で,ACT8の「おにぎりトーク」を体験して頂くのですが, 最初は,「むずかしいなぁ・・・」なんてささやき声が聞こえてきます。 でも,それもつかの間。気づくと全員が笑顔!!研修会の雰囲気がぐっと良くなります。 やり方は簡単で, まず,おにぎり顔一覧から「夏休み中,こんな顔になりま