お昼寝の時間に騒いでしまう子が,静かに寝るようになった方法

Aくんは,お昼寝のたびにコットの上でピョンピョン跳びはねて,

なかなか寝てくれません。


Aくんに入る刺激が,すこしでも少なくなるように,


壁際にコットを置いてみたり

イレクターで囲ってみたり

早くから静かに眠れる子たちにそばに寝てもらったり


もちろん,コットの上でジャンプしない約束もしました。


思いつく限りの工夫をたのですが,

でも,やっぱりコットの上でピョンピョン跳ねるのはなくなりません。


大人が横につくと,すぐに静かになって眠ります。

でも,人手が足りないので,最初から横につくのは無理です。


そこで。Aくんが落ち着いて横になっているときに,

ニコニコのおにぎり顔を見せました。



すると, Aくんがコットでピョンピョン跳びはねているときに


「先生悲しいなー」と涙目のおにぎり顔を見せるだけで Aくんは,

慌ててコットに横になって眠るようになりました。


どんな環境調整よりも, どんな約束よりも

おにぎり顔で先生の気持ちを示すことが一番効果がありました。

相手の気持ちが分かるって,大事なことなんですね。

最新記事

すべて表示

イライラしたり,おこりっぽい子への「おにぎり顔」を使った支援

イライラしやすい子や、怒って爆発してしまう子への指導では、 怒りの感情を温度計や五段階で表す課題を行うのが、一般的かと思います。 あくとえいとでは、そんな時も、おにぎり顔を使います。 温度計や五段階と違うところは、子どもたちが自分で感情の強度を決めるところです。 集団で行う方法と個別に行う方法をご紹介します。 集団で行う場合 いい状態の時の顔〜一番怒った時の顔まで、5種類の顔を選びます。難しければ

おにぎりトーク

先週から,中学校での校内研修をハシゴしています。 テーマは,「主体的・対話的で深い学びを実現するための学級作り」。 その中で,ACT8の「おにぎりトーク」を体験して頂くのですが, 最初は,「むずかしいなぁ・・・」なんてささやき声が聞こえてきます。 でも,それもつかの間。気づくと全員が笑顔!!研修会の雰囲気がぐっと良くなります。 やり方は簡単で, まず,おにぎり顔一覧から「夏休み中,こんな顔になりま