おにぎり顔のトートバック

おにぎり顔を活用してくださっている保育士さんや学校の先生,学童保育の指導員さんなどなど,多くの方から


「普段使っている物におにぎり顔が載っていれば,すぐに子どもたちの気持ちを聞けるのに!」


と,たくさんのリクエストを頂きました。

なるほど!!というわけで,まずは,トートバックを作成しました。


いかがでしょう?あえて,シンプルにしました。


お出かけした帰りのバスの中とかで,

親子で並んで座りながら,


「今日,あのときどんな気持ちだったのー?」

とか

「今日はどれくらい楽しかったー?」

なんて,膝の上にバッグを置いて聞いてもらえたらなぁと,思っています。


我が子の気持ちを聞くだけでなく,

ご自身の気持ちを伝えることもお忘れなく。

最新記事

すべて表示

イライラしやすい子や、怒って爆発してしまう子への指導では、 怒りの感情を温度計や五段階で表す課題を行うのが、一般的かと思います。 あくとえいとでは、そんな時も、おにぎり顔を使います。 温度計や五段階と違うところは、子どもたちが自分で感情の強度を決めるところです。 集団で行う方法と個別に行う方法をご紹介します。 集団で行う場合 いい状態の時の顔〜一番怒った時の顔まで、5種類の顔を選びます。難しければ

先週から,中学校での校内研修をハシゴしています。 テーマは,「主体的・対話的で深い学びを実現するための学級作り」。 その中で,ACT8の「おにぎりトーク」を体験して頂くのですが, 最初は,「むずかしいなぁ・・・」なんてささやき声が聞こえてきます。 でも,それもつかの間。気づくと全員が笑顔!!研修会の雰囲気がぐっと良くなります。 やり方は簡単で, まず,おにぎり顔一覧から「夏休み中,こんな顔になりま