おにぎりトーク


先週から,中学校での校内研修をハシゴしています。

テーマは,「主体的・対話的で深い学びを実現するための学級作り」。


その中で,ACT8の「おにぎりトーク」を体験して頂くのですが,


最初は,「むずかしいなぁ・・・」なんてささやき声が聞こえてきます。

でも,それもつかの間。気づくと全員が笑顔!!研修会の雰囲気がぐっと良くなります。


やり方は簡単で,

まず,おにぎり顔一覧から「夏休み中,こんな顔になりました」という顔を選ぶ。

次に,「私はこの顔になりました。理由は・・・」と夏休みにあったエピソードを話す。


たったこれだけなのですが,まず,おにぎり顔を選ぶ段階で,表情がほころんできます。


スピーチや自己紹介では,ポジティブな話をしなければいけないような気がしてしまいます。でも,おにぎり顔を使うと,びっくりした顔や怒った顔など,いろいろな表情(気持ち)を選ぶことができるので,思いがけないエピソードを聞くことができます。


おにぎり顔を見ながら話を聞くので,どんなジャンルの話をするのか見通しが持ちやすかったり,話す方も,話がブレずに済んだり。


一人が話し終わるたびに,自然と拍手がおきるグループもあります。



研修から数日後,「実際にクラスでやってみた」という先生から,

『うちのクラスにおにぎり顔ブームが来ました!』とうれしい報告を頂きました。


おにぎりトークの良いところは,他にも色々あるのですが,また別の機会に。




最新記事

すべて表示

イライラしたり,おこりっぽい子への「おにぎり顔」を使った支援

イライラしやすい子や、怒って爆発してしまう子への指導では、 怒りの感情を温度計や五段階で表す課題を行うのが、一般的かと思います。 あくとえいとでは、そんな時も、おにぎり顔を使います。 温度計や五段階と違うところは、子どもたちが自分で感情の強度を決めるところです。 集団で行う方法と個別に行う方法をご紹介します。 集団で行う場合 いい状態の時の顔〜一番怒った時の顔まで、5種類の顔を選びます。難しければ

気持ちを聞いても教えてもらえない時は

これまでに何度か頂いた質問をご紹介します。 普段からなかなか意見が言えない子に,おにぎり顔で気持ちを聞いてみようと思ったのですが,うまくいきません。 他の子たちは,おにぎり顔を使って積極的に気持ちを伝えてくれるのですが,それを楽しそうにみているだけで,自分の気持ちを伝えようとはしません。 子どもたちの反応は,こちらの思い通りにはいきません。 うまくいかないときは,まず,その子の実態を考えます。 自